サイト設計の基礎

      2018/09/15

 

サイト設計の基礎

 

サイトを立ち上げる時、一番初めにすることは目的を決めること。

自分が作りたいサイトの目標設定を必ずやり、設定した目標を達成できるサイトを作ることが大切です。

以下が、目的を設定するために考える3つの質問です。

ユーザーに何をもたらすのか?

最終的なゴールは?

ウェブサイトである必要は?

①は、どういった体験をユーザーの人にしてもらうかです。

例えば、通販サイトだったら商品を検索して購入してもらう、ブログ形式だったら良質なコンテンツを読んでもらい悩みを解決する。などが体験にあたります。

②は、PCサイト(通販サイト)だったら、最終ゴールは商品を購入してもらって代金を頂く事になります。

ブログ形式だったら、文の途中や最後にグーグルアドセンスの広告を貼り付け、クリックしてもらい広告収入を獲得する事になります。

③は、最終的なゴールを達成するために、そもそもウェブサイトである必要があるのかを考えます。

例えば、お店にお客さんを集めるという目的が最終的なゴールの場合には、お店の前で呼び込みとか、看板を立てても目標は達成できます。なので、そもそもウェブサイトである必要があるのかを始めに考える事が非常に重要になります。

 

次は、ターゲットユーザーについてを説明していきたいと思います。

ターゲットユーザーとは、自分が作りたいサイトにどんな属性の人が訪問するかという事です。

ターゲットユーザーをしっかり分析する為に必要な項目は以下になります。

・年齢層は?
・性別は?
・職業は?
・主に使用しているデバイスは?

一番初めの年齢は?は、何歳代の人が訪問するサイトなのかを考えます。

性別は?は、女性の商品を扱っていれば女性が訪問する率が上がるなどを考えていきます。

職業は何なのかなどで、作るサイトを見る人の割合が変わってきたりもします。

最後に、主に使用しているデバイスとありますが ”デバイス” というのは、PCだったりタブレット、スマートホンなどの事です。

主に使用しているデバイスに合わせて、サイトのレイアウトも大きく変わるので重要になります。

このターゲットユーザーは感覚値で絶対にやっては行けません!!

なぜかと言うと、何となくこれくらいかな〜。という感覚だけでやっていて、実際にデーターを集計してみると外れているということが多いためです。なので、必ずリサーチを行ってターゲットユーザーをデータとして分析したうえで設定して下さい。

 

最後に、競合サイトについてご説明します。

競合サイトってなんなんですか??って話しなんですが

今までの動画ですと目的を決めてターゲットユーザーを分析し、必要な機能を洗い出しているかと思います。

そう言った必要な要素を盛り込んだサイトは、インターネット上に無数に存在しています。

それらが、今後つくりたいと思っているサイトの競合サイトになります!

例えばこの駅近くにパン屋さんを出店したい!!っとなれば、周辺のパン屋さんのリサーチは当然行なうはずです。

このパン屋は何が売りで、なんの商品が売れているか?

また、ボリュームや価格帯はどうなのか?

こういうリサーチを、ネット上でも行なうと言うことです!

競合サイトを徹底的に分析して、競合サイトにはない強みを作っていく必要があります。

競合サイトは一日何万件・何十万件と集まってくるサイトとなっています。

なので、競合サイトに負けないサイトを作るには、競合サイトにはない強みを打ち出してアクセスを集めていく必要があります。(ここは特に重要)

競合サイトを見るポイントとして次の3つ

  1. サイトの最終的なゴールはどこにあるのか?
  2. どんなユーザーが利用しているのか?
  3. 必要そうだが、まだない機能というのがあるか?

以上を見ていただければと思います。

競合サイトを探す上でのポイントは、あなたが作りたいサイトのジャンルだったりカテゴリーなどのキーワード検索(Keyword Tool)をして、上位10件(Google、Yahoo!)に表示されているサイトが競合サイトになります。

検索結果の1ページ目に1位〜10位まで表示されていますので、とてもアクセスが集まっていますし優秀なサイトだと言えるので、徹底的に分析してみてください。

 

今回はサイトを立ち上げる際に必要なことを簡単にまとめてみました。

⬇LINEもやっているので気軽にどうぞ⬇

ゼロから初めるネットビジネス♫

 

 - サイト作成の基礎知識 , , , ,