ふるさと納税がお得!!

   

 

ふるさと納税 



近年、ふるさと納税額は年々増加していますが、利用していますか?

テレビや雑誌などでも取り上げられ、ざっくりお得な制度というイメージだと思います。

そのイメージ通り、とってもお得なのです✨さらに地域貢献もでき、楽しみが増える!

そんなふるさと納税を是非やってほしくてまとめてみました。

興味はあるけど踏み切れなかった人への後押しや、興味は無かったけど楽しそうだからやってみたい!と思えてもらえたら嬉しいな♡

面倒な手続きがあるんじゃないかな? 本当にお得なのかな? とか分からないことの解決になればいいな☆

 

やってみたい!!と思った今こそ始めよう

Q.  そもそも、ふるさと納税はどうして始まったんだろう?

A.  多くの人が地方で生まれその自治体から医療や教育などの住民サービスを受けて育ちました。

ですが進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税をしています。

その結果、生まれ育った故郷でなく、都会へばかりに納税が偏り、自分が生まれ育った故郷の自治体に税収が入らない。税収が入らないと様々な住民サービスが手厚くできなくなると悪循環。

そんな偏りを無くし、都地域貢献できるようにしようと始まった制度なのです。

実質的には居住地に納税する住民税を移転する効果がある仕組みで、寄付金税制を活用する事により、法律上は寄付とそれに伴う税の軽減を組み合わせたものになります。

 

ふるさと納税の納税とは、実際には都道府県、市町村への”寄付”です。

一般的に自治体に寄付をした場合には、確定申告を行いその寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されますが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除対象になります。

”寄付金控除は2,000円が自己負担になる”

納税した分のお金は寄附金控除として節税することができ、その代わり2,000円は自己負担になって、2,000を超えた分に対して控除が適用されます。

年間で10,000円をふるさと納税した場合 ⇒ 寄付金控除は8,000円  

年間で50,000円納税した場合 ⇒ 寄付金控除は48,000円

寄付金控除になる上限額は人それぞれ異なりますが、上限までであれば、ふるさと納税した方が絶対お得です!

 

Q.  寄付できる金額はいくら?

A.  自分のふるさと納税の限度額はいくらなのか分からないですよね。

計算はややこしいんです。給料や社会保険控除によっても限度額が変わってきます。

目安に限度額を把握する ⇒ さとふる

さとふるで自分の限度額を知れるよ♫

 

ふるさと納税の魅力

★寄付をすることで、地域貢献につながるだけでなく、地域の特産品・名産品がお礼の品としてもらえる

★寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。(控除上限額あり)

★好きな地域を選べる(どんな風に使ってもらうかも選べる)

★複数の地域に寄付できる

★サラリーマン(会社員)は確定申告が不要

ふるさと納税で1番に頭に浮かぶのは返礼品(お礼の品)。自治体によっては寄付金額に応じてお米やお肉などの地域の特産品が返礼品として送られてきます。

税金控除+自己負担額の2,000円で特産品がもらえるということが1番の魅力です✨

もちろん節税のためだけにしてもイイのですが、もらえる特典も楽しみの一つになること間違いなし!!

逆に特典を目当てにして納税しても楽しめます♫

◎最近改善された嬉しい点は、ふるさと納税した分の会社員の人は確定申告不要になったこと。

確定申告不要にするには、ふるさと納税した自治体にワンストップ特例制度を申請するための書類を送る必要がありますが、帳簿を付ける必要もないし、計算する必要もないので是非!!

ワンストップ特例制度を使うための条件

・年収2,000万円以内

・2015年1月1日〜3月31日までに寄付していない

・1年間の寄付先自治体が5つ以下

確定申告しない場合

自治体から郵送される”寄付金控除申告書”を提出する

※この場合、所得税の軽減が受けられないので、もっと節税するなら確定申告しよう!

 

気をつける点

12月になると慌てて今年のふるさと納税しよう!という人が増えます。

ふるさと納税は12月末までに受け付けた金額に対して寄付金控除の対象になるので、12月31日にふるさと納税した場合は、自治体が受け付けてくれないこともあります。

この場合、翌年分になってしまうのでなるべく早く申し込みしておこう☆

 

納税はクレジットカードがオススメ♫

★クレジットカードの場合は、割とギリギリでも大丈夫ですが、銀行振込や納付書で払う場合は受付にも時間がかかるので、11月までにすませておいた方が安心です。

→→しずかもクレジットカードでふるさと納税していまーす(^^)

 

得)クレジットで納税する方が、カードのポイントも貯まり、お得さが増す♫

損)銀行振込は手数料を払わなけらばいけないので損!

自治体によってはクレジットカードが使えない所もあるので、よりお得に納税したいならクレジットカードの使える自治体を探してみよう!!

ふるさと納税をする際にオススメのサイトは”さとふる”です。

さとふるは、ふるさと納税ポータルサイトの中で特に使いやすく分かりやすい特徴があります。

そして嬉しいのが、御礼の品の配送が早い!!

”さとふる”はふるさと納税を分かりやすく、身近に、インターネットショッピングをするかのように寄付ができる手軽さが魅力です✨

さとふる 2018年の人気特産品総合ランキング

1位 佐賀牛 切り落とし1kg  (佐賀県嬉野市)

 

2位 いくら醤油漬け100g×6パック  (北海道八雲町)

 

3位 山形県河北町産 『はえぬき』15kg  (山形県川北町)

※寄付金額1万円の場合

ふるさと納税は3,000〜できます^_^








 - ブログ , , , , ,